カードローンとしての消費者金融の金利-カードローンとしてのキャッシングの金利|カードローンの金利研究

カードローンの金利研究

カードローンとしての消費者金融の金利

現金が必要になった時の最後の砦が消費者金融です。どうしてもという場面になるので金利が上限なのは仕方ないでしょう。そもそも銀行のカードローンやクレジットカードのキャッシングなどは全てある程度の定職につくことが求められており、正社員であることが前提のローンも数多く存在します。さらに、学生の身分があると、銀行系のカードローンはまず審査基準から外れてしまします。あらゆる人に開かれたカードローンが消費者金融といえるでしょう。パートやアルバイトなどの安定した収入があれば、融資が受けることができます。

しかし気になるのが金利です。消費者金融は上限金利いっぱいの18%でサービスする所がほとんどです。そもそも、29%のグレー金利で営業できなくなってかなり厳しい経営状態になっていますので、これ以上下げることはないと考えられます。チラシに書かれている最低金利で貸してくれることはまずないと考えられます。それでも借り方、返し方に気をつければ、最低限の金利で済ませることができます。また、顧客を囲い込むことを目的に、カードローンの契約時に金利ゼロの期間を設ける所がありますのでそれも活用しましょう。

消費者金融業者によっては、クレジットカードの機能がついたカードローンを提供しているところもあります。この場合、クレジット払いにすると、最初の返済日までに利用額を支払えば金利がかからずに返済できます。例えば、何か物を買うときに、カードローンでお金を借りて支払う場合と比べて、金利負担が軽くなるといえます。うまくシステムを使えば、消費者金融でも無理のない金利でカードローンが利用できます。

おすすめサイト

関連情報