カードローンの金利の計算方法-カードローンの金利研究で使用される用語|カードローンの金利研究

カードローンの金利研究

カードローンの金利の計算方法

カードローンの金利はどのように計算されるのでしょうか。現在のカードローンの金利はほとんどリボルビング払いにより計算されています。フレックス払いとも呼ばれているようです。リボルビング払いは毎月あらかじめ指定した一定額を返済してゆく方式です。どれだけ借入残高があっても一定額の支払いで済むため、月々の負担が少なくて済みます。リボルビング払いには主に、定額方式、定率方式、残高スライド方式の3つにわかれます。

定額方式は、毎月、あらかじめ指定した一定額を支払う方式です。これも一定額に利息分を含めるか、含めないかで二種類の支払い方法があります。定率法式はまず毎月、〆日における借入残高を確定します。これに一定の率をかけて返済額を算定するのですが、借入残高+利息に率をかけるのか、借入残高に率をかけて利息支払額を加えるのかでこちらも二種類の支払い方法があります。最後は、残高スライド方式です。この方式を採用しているカードローンが多くなっています。

これは、毎月、〆日における借入残高を確定し借入残高に応じて段階的に返済定額または定率を変更する方式でスライド制と呼ばれます。定額払いの場合、負債の大小に関わらず返済額が一定なので負債残高が高額になるとなかなか元金が減らず、返済が終了しないという問題があります。一方定率方式の場合は、負債残額が小額になっても少ない残額に対する一定割合しか返済できないため元金が減るにつれて返済額が減少するため、こちらはなかなか返済が終了しないのが欠点です。残高スライド方式は両者の欠点を相互に補うために多くのカードローンの金利計算で用いられています。

おすすめサイト

関連情報