過払いのカードローンの金利はどうなるのか-カードローンの金利研究で使用される用語|カードローンの金利研究

カードローンの金利研究

過払いのカードローンの金利はどうなるのか

過払い金という言葉が世間を賑わせて久しくなりました。過払い金とは、カードローンなどにおいて、グレーゾーン金利を前提に返済していたため、利息制限法を超える部分の金利を貸金業者に払いすぎていた状態のことを言います。過払い金は返還を受ける権利のある金銭ですから、通常は訴訟の手続きを進めることで返還されます。昨今ではこのような問題に対し、かなり借主側に有利な判決が相次いでいることから、全国各地で過払い金の返還を求める動きがあります。とはいっても簡単には行きません。

カードローンの会社側も多数の弁護士を用意して、迎え撃とうとしています。となるとこちらの側もどうしても弁護士や司法書士を立てて戦わなければなりません。現在行われている過払い金返還訴訟は大抵弁護士や司法書士を通して行われているようです。最近の過払い金の返還請求の増加は、弁護士や司法書士にとってはまさにバブルだと言えます。必ずお金が返ってきますから、報酬を取るのに困ることがないのです。

そこで法律事務所や、司法書士事務所ではテレビコマーシャルや電車の中吊り広告などで積極的に宣伝しています。そのような動きの中で、成功報酬の支払いに苦しむひとも見られるようです。折角カードローンの金利負担が減り、今まで払ってきた金銭が返還されるというのに、その恩恵を十分に受けることができないという皮肉な結果を生んでいる一面があります。ですから私たちは、金利負担を考えてカードローンを選ぶことを第一に、過払い金に対しては良心的でしっかりと事にあたってくれる事務所を選びたいものです。

おすすめサイト

関連情報