カードローンの金利とグレーゾーン-カードローンの金利研究で使用される用語|カードローンの金利研究

カードローンの金利研究

カードローンの金利とグレーゾーン

カードローンの金利についてみていく上で忘れてはならないのがグレーゾーン金利についてです。グレーゾーン金利とは、一般的に年利で18%から29.2%の部分を指します。これは、上限金利に関する法律が二種類存在していたことに由来します。18%の制限は、利息制限法で規定されているものでした。しかしこれには法律違反をしても罰則がないため、事実上努力義務のような規定になってしまいました。

一方の29.2%以上の部分は、出資法に基づいて金利設定が禁止されています。こちらは、刑事罰もあります。カードローンを発行する多くの貸金業者は、法律上の刑事罰のない29.2%で長い期間にわたって運営されていました。しかし、利息制限法である18%以上の金利は無効であるとされ、返還の義務があると判断されたときに、このグレーゾーン金利に決着がついたのです。グレーゾーン金利はクロだったといえるかもしれません。

そして近年出資法の上限金利が改正され、利息制限法の歩調を合わせるようになり、名実ともにグレーゾーン金利は消滅しました。しかし、現在でも過払い金の返還という形でグレーゾーン金利の問題は残り続けています。なお、今新規でカードローンの発行を希望する人にとっては、グレーゾーン金利自体は存在しませんので、安心してカードローンを利用できます。それでも年間にして2割近くを持っていくわけですから、少しでも金利負担を抑える利用方法を検討することをお勧めします。

おすすめサイト

関連情報